タグ:SEOチューニング ( 42 ) タグの人気記事

 

SEO内部施策究極の点数

弊社で長く取り扱いをさせて頂いているseoマスターProfessional。このツールは10万以上のサイトの相関統計解析からなる、Googleのいわばストーカーツール。常に最新のGoogleのアルゴリズムを把握し、それに沿った修正指示を具体的にしてくれる優れものツール。

b0040332_20454778.jpg
ポテンシャル(上位表示確率)が45%を超えていて、画像にある点数を90点くらいにしたら、ほぼほぼ上位に上がる。

最近上位に上がるのに少し時間を要することがあるんだけど、それでもちゃんと上がる。ポテンシャルがあれば。

当社のあるページ、ちょいと中途半端な順位になっており、施策を強化してみた。ついにこれまでの最高得点98点を超え、99点という未知の点数を獲得するまでに、極限の内部施策を強化した。しかし、ポテンシャルが低く、これ以上は望めない可能性が高い。でも諦めずに実証してみよう。

  by oku3jp | 2017-04-04 20:52 | business | Comments(0)

キュレーションサイトの検索評価はどうなったか

キュレーションサイトへの検索エンジン評価はどうなったか。ここが曖昧模糊としていて惑わされているお客様も多いので、私なりの根拠のある見解、はっきり言えばどうなったかの回答を述べたいと思います。その通りになっています。

b0040332_18513183.jpg
事の起こりは皆さんご存知の通り、不正な情報がまとめとして掲載され、利益誘導に繋がっていたことにあるのですが。

流石のGoogleも、その内容が不正であるのか、正しいのかまでは判定できないので、これまでもそうであったコンテンツの濃さをより強く見て判断するようになりました。

すなわち、どこかに載っていた内容を切り取って集めただけの内容が、マイナス評価となってきているのです。どうすればそう見られないかは、逆をすればよくて、オリジナルの文章で、関連語や共起語もしっかり入っていて分厚い内容の文章で構成されていることです。賞品がずらっと並んでいるサイトなどは、前者にあたり、検索順位がどんどん下がっているようです。その影響で2月末から今月に入っていろいろ順位ブレが起きていますが、ちゃんと分厚い文章で記述されていれば戻りますので大丈夫だと思ってください。詳しくはお問合せ下さい。

  by oku3jp | 2017-03-17 18:59 | business | Comments(0)

Googleアルゴリズムの変更発表

なかなか自らアルゴリズム(検索表示順位のロジック)を変えますよとか変えたよとかは発表することがないGoogle社。あら、また変わっている、というのをこちらが解析して知るのが普通。それほどの意この問題は社会的影響が大きいということだろう。

b0040332_2218640.jpg週末に日経新聞、昨日朝日新聞に掲載されたこの記事。さぁ、どこまで変更が掛かっているのか。

Googleのベースの考え方である「ユーザに向けて有益な情報」「濃い文章」というものへのプラス評価は変わらないのではないか。

という見解も頂いています。私の見解は、あくまでも個人的な考えですが、「不正な情報」であっても濃い文章やユーザーに有益(に見える)な情報は掲載できるので、どう区別するのか。不正な情報かどうかをどう判断するのか。難しい感じがし、キュレーションサイトや比較サイトは一旦全部下げるとかやってしまうんじゃないかと危惧している次第です。あくまでも個人的な見解です。詳細解りましたら何らかの方法でお伝えしたいと思います。

  by oku3jp | 2017-02-07 22:24 | business | Comments(0)

Googleアルゴリズム久々の大変更

ネット検索で検索結果の表示順位を司るGoogleの「アルゴリズム」。ここしばらく小幅な更新でしたが、今月に入り、久しぶりにかなり大きめの変更が掛けられました。本日14時にseoマスターProfessionalのアルゴリズム更新が行われ、最新のGoogleの好みが把握できます。

b0040332_1727083.jpgちょっと衝撃の変更があります。もちろん真反対に動くことは今回もありませんでしたので、これまでの好みがさらにきつくなったという感じです。

もともとテキスト文字を読んで、評価しているわけですが、その文字数がますます多いほうが好きになってしまっています。

デザイン色が強く、文字の少ないサイトは上位表示がますます厳しくなりそうです。しかも下限がこれまでの倍近い文字数までになってしまい、眩暈がしそうです。これだけの文字数があるサイトって果たして人に見やすいサイトと言えるのかなぁ。英語圏の発想だからでしょうかね。他にもいろいろ変更が、導入企業様は早速ご覧ください。

  by oku3jp | 2014-09-19 17:32 | business | Comments(0)

効果と価値を最大限にするWebサイトコンセプト

先日もここで書きましたが、企業のWebサイトは(サービスサイトも含め)見られなければ、ただあるだけのサイトとなってしまいます。お金をかけて広告で誘導するのもありですが、来訪者にとって価値のあるものでなければ、そのサイトは企業に利益をもたらしてくれません。

b0040332_20172060.jpg利益をもたらすサイトとは、どういった条件が整っていることでしょうか。それは端的にいえばサイト来訪者への価値を最大化することです。

多くのサイト来訪者は「自ら探しているもの」に合致することが、最大の欲求をを満たす価値になります。

自分が検索した言葉そのままに検索結果に出て、クリックして到達したページにも自分の検索した言葉そのままが目に入る。「これぞ探していたページ」という一致感が価値を最大化することになります。しかし、Web制作、デザインとSEO内部施策を最大化したページつくりとは相いれないのがこれまででした。それを統合したのが当社の新コンセプト「SLSD」なのです。

  by oku3jp | 2014-07-23 20:22 | business | Comments(0)

SLSDという新コンセプト

SLSD(SEO & LPO& SiteDesign)という造語ですが、有りそうでなかったコンセプトだと自負しています。Webサイトはどうしてもお客様の移行や、サイト制作者(デザイン)のポリシーで人には、解り易い、格好いい、よくわかるサイトになることが多いです。動きなんかもあって訴求力はあります。

b0040332_19324958.jpgしかし、検索しても全く出てこないために、人通りの全くない砂漠の真ん中に、電飾バリバリのおしゃれな看板立てるようなものでしょうか。

一方検索エンジンの内部施策だけを意識してサイトを作ると、確かに1位表示されます。検索結果表示もまるで広告文のように美しいです。

しかし、サイトは検索縁には解り易く美しいサイトでも人には、ちょっとビジュアルに乏しく分かりにくいサイトだったりします。どうしてもサイトデザイナーとSEOコンサルが相容れず、理想のサイト構築には多くの障壁がありました。さらには成果を出すLPOまでの配慮も抜け落ちていました。それをコンプリートしたのがSLSDです。すごいですよ!

  by oku3jp | 2014-07-16 19:36 | business | Comments(0)

検索表示3位で我慢かなぁ

当社で提供しているSEO施策サービス、SEOも究極のGoogleの好みに合わせる内部施策です。最近ではLPOと言われるランディングサイトの最適化も施した、サイト制作まで含んだ施策提供が多くなってきました。人の目から見た良いサイトでもあり、検索エンジンから見ても良いサイトの提供。

b0040332_1993771.jpg更には検索者への最大の最適化を提供する当社の発想力で、コンバージョンまでも最適化する手法でトータル提供しています。

サイト制作とSEO施策、これだけでもなかなか相容れず、サイト制作サイドのこだわりとデザイン重視に苦しむことが多いのが実情だと思います。

その大きなギャップをシームレスにし、更にコンバージョンへの最適化、イコール検索者への価値提供まで配慮した施策をベースにしたサイト制作提供は、素晴らしいパートナーとのスキームが成立してきていることでますます磨きをかけてきております。しかも、常に最新のGoogle動向を捉えた漏れのない納品とサポート。

サイトの営業化機能を強化したいとお考えであればいつでもお気軽にご相談ください。トライアルプランもご案内します。しかし、さすがに楽天のサイトには勝てない(汗、こういうのは3位で我慢ですかね。

  by oku3jp | 2014-07-11 19:16 | business | Comments(0)

SEO対策セミナー

今日、仲間のセミナー受講に伴い、久しぶりに私も参加。常に最新情報が提供されていて、とても勉強になります。seoマスターProfessionalの番外編として周辺情報が満載の「SEO解体新書」、そしてDCC南雲社長の講演は本当にSEO講座という感じの勉強会のような素晴らしい内容です。

b0040332_18463648.jpg今日はセミナー後、アポがありましたので、仲間とのミーティングも、DCCさんのオフィスに寄らせて頂くこともできませんでしたが。

GoogleのことをGoogleの日本法人社員の方よりも詳しいと言われている、南雲社長のお話はためになります。

今回、受講させて頂いて、うちの社員は私もですが、定期的にセミナー参加させて頂き、というかお客様をお連れして一緒にお聞きする、という機会を増やして、お客様に常に最新のSEO事情をご紹介、サービス提供していくことを貪欲に進めていかねばと思った次第です。名熊さん、ありがとうございました。また伺います!

  by oku3jp | 2014-07-10 18:50 | business | Comments(0)

超嬉しいご報告を頂きました

当社ではSEO内部施策のサービスをツールの提供とともに行っておりますが、SEO内部施策のご案内になるとどうしてもサイトの制作やリニューアルの話にも広がっていくことが多いのです。そんな中あるお客様のサイトを先週リニューアルオープンさせて頂きました。もちろんSEO施策をしっかり行って。

b0040332_1937515.jpgわずか一週間でこれまで入ったことのない、商談問い合わせが入ったそうです。見積もり問合せだったとか。素晴らしいですね。

SEO内部施策が効きにくい構造のサイトもあります。無茶なキーワードがご指名される場合もあります。

しかし、サイトリニューアル、構築からお手伝いができますと当社の独自原稿フォーマットで原稿制作が進むと、SEO施策がとても効くサイトになります。小手先の話ではありません。検索エンジンの目にとっても、人の目にとっても解り易い良質のサイトになるのです。更に当社の独自コンサル「検索者価値最大化」の施策を展開すると…これ以上ここでは書けませんが、、、

  by oku3jp | 2014-07-02 19:49 | business | Comments(0)

検索者への価値を高める

企業にとってWebサイトはカタログやパンフレットでもあり、営業マンでもあると思います。探しているものが検索結果に出てきてクリックしてサイトに行ってみたらまさにこれ!ということがおきれば一番よいわけで、これはBtoCのサイトでも、BtoBでも同じことがいえます。

b0040332_19102215.jpgいくら人の目に綺麗なサイトであっても、検索エンジンから見えない、評価されないサイトですと、見てもらうには広告などでお金を積んで誘導するしかありません。

従って、人の目と検索エンジンの目と両方の目から解りやすい、評価されるサイトにしていく必要があります。

しかし、意ページでひとつにキーワードしか減速フォーカスできません。関係する違うキーワードでも呼びたい場合、リスティング広告を活用するケースが殆どですが、検索結果は検索者キーワードに一致しますが、ページに行ってみると一致感が乏しいのが広告の難点。これでは成果に繋がりにくいのです。そこで…

画像がその答えですが、高い成果をもたらしています(そもそも1位など上位確保していますし)。お気軽にお問い合わせ下さい。不一致感での直帰率がとても高い、リスティングに高額費用かけずに、低コストこうパフォーマンスなプロモーションをお勧めします。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

  by oku3jp | 2014-05-21 19:16 | business | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE