<   2010年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

有り難きかな人のつながり

お客様を回らせていただいて、有り難いと思うのは、元職や前職の方やOB仲間の皆さんとのつながり。せっかく来てくれたんだからと商談の種を頂いたり、御紹介したサービスを検討遡上に乗せて頂いたり。それだけにしっかりお応えしなければならないと、改めてその有り難さと重みを感じる。

b0040332_2194432.jpgと同時にお邪魔して色々状況をお聞きすると本当に様々。皆さん何かしら課題をお持ちで、4Pでみるとそれぞれに異なる課題要素となっている。

そこへアイデアや事例から来る情報をお出ししてブレストすると、何かしらのプロモーションによる解決策になりそうなものが見えてきたりする。

多種多様な課題の中、解決策のヒントはお客様が潜在的にお持ちだったりする。それを事例や経験からヒントになるようなことを投げかけることが大事なんだなと改めて気づく今日この頃。

  by oku3jp | 2010-09-30 21:14 | business | Comments(0)

懐かしき日本

IT企業様へ営業に行くことが多いが、六本木や新宿、汐留の近代的高層ビル街などを目にすることが多いが、地下鉄を出て古式豊かな光景が目に入るとなんだか逆にホッとしたりする。今日は門前仲町で下車。降りて目の前が参道なのでお団子屋さんにせんべい屋さんなどが立ち並ぶ何とも言え無い光景。

b0040332_20533935.jpgまた食べ物屋さんも深川丼のお店やうな丼のお店が立ち並び、よくあるチェーン店もいっぱいあるが、ならではをチョイス。

ウナギ定食というようはリーズナブルなうな丼を選択し、お昼としたが、御値段は深川丼もうな重も軽く1000円を超して結構いい値だ。

外出で掛け回っていると今は季節が良いが、猛暑や雨の時は大変。だが、こうした日頃目にしない光景や日頃と異なるお昼を楽しめるのは悪くない。

  by oku3jp | 2010-09-29 20:57 | business | Comments(0)

間近で

おそらく自分としては建設中のスカイツリーに最も近づいたのでは無いかな。そばで見るとやはり迫力があります。と言っても運転中の身なのでちらっと見たのと、デジカメを適当に構えて撮っただけだが。一方の東京タワーは今日は雨がずっと降っていたこともあって、上層展望台より上が雲の中。

b0040332_2147689.jpgアナログ放送終了まで1年を切り、いよいよという感じもするが、スカイツリーの完成稼働とタイミングが同じではないところがなんとなく妙な気分。

我が家はアナログの電波がとても入りにくい場所で、建物も邪魔をしてひどい環境だったためにテレビの地デジ化はいの一番に。

一方DVDレコーダーやビデオはまだアナログのまま。録画すると余白にうるさいくらい地デジ移行を促すテロップが。そろそろやりますかな。。。

  by oku3jp | 2010-09-28 21:50 | business | Comments(0)

手作りパン

パン作りの機械があるわけではないが、たまにパン作りを妻と娘がやっている。作るたびに腕を上げているようで、先日作ってくれたパンは実に美味しいパンとなった。焼き立てということもあるのだろうが、本当に美味しいパンであっという間に皆で食べてしまった。ひとつはチーズパンでもうひとつは蒸パン。

b0040332_23112695.jpg昔母もよくパン作りをやってくれていて、家で食べるパンはほぼ母の手作りだったことがある。しかしその当時に比べて今は醗酵に要する時間が短い気がする。

昔は冬場などはよくコタツの中にパンを練ったボウルが入っていて、危うく蹴飛ばしそうになったりするくらい長時間醗酵に費やしていたように記憶している。

イースト菌などの進化かどうか知らないが、割と早く膨らんで焼くまでの時間もそう要していないように見受ける。材料と道具と腕が進化してくれ、美味しいパンをいただける。ご馳走様。

  by oku3jp | 2010-09-27 23:11 | brake | Comments(0)

料理とお酒

毎日メニューを考えて料理をするというのは本当に大変なことだと思う。何が食べたい?と妻も子供や私に聞く。そういえば昔実家にいた頃母もよく聞いていた。子供というのは私もそうだったが単純で好きなもの、つまりいつも同じものを答えるので聞いたほうは全くプラスにならない情報が返ってくるだけになる。

b0040332_12564070.jpg子供でない私でも妻に聞かれるとあまり画期的な答えは返せていないが…。だいたいは週末一緒に買い物に行って、食材を見ながら決めることになる。私は役に立っていないが。

そんな中、「台湾料理」とか「パスタパーティ」とか「韓国料理」などテーマを決めてパーティというほどでもないが、テーマ料理になることがある。

韓国料理ならマッコリ、パスタやピザパーティならワインと、料理とお酒をセットにしてテーマディナーが出てくる。これはなかなか楽しい。妻の苦労と工夫に感謝。昨夜は酔っ払ってブログ書けず。。。

  by oku3jp | 2010-09-26 12:56 | brake | Comments(0)

包丁砥ぎ

包丁も定期的に砥がないと切れなくなる。このところすっかり忘れていて砥いでいなかったが、もともと切れが悪くなってから素人の私が砥いでいるだけなので、あまり切れが良くなっていない。それでも定期的には砥がないとますます切れなくなってしまう。包丁研ぎが上手になればよいのだが。

b0040332_19425047.jpg昔はV字型の包丁研ぎを使っていたが、砥ぎ石が削られて、線が入ってしまい、そのため肝心の砥がねばならない場所が平らになりかえって包丁が切れなくなってしまったことがある。

そう、砥ぎすまされるべき包丁の刃がどんどん平らになるという次第。今は普通の粗い石と細かい石がセットになっている砥ぎ石を使用。

昨日頑張って砥いでみたがハテサテ多少でもよく切れるようになっただろうか。切れない包丁で料理は大変だからなぁ。

  by oku3jp | 2010-09-24 19:42 | brake | Comments(0)

バスケ部OB/OG会

31年前に卒業した中学のバスケ部のOB/OG会が開催されうという案内が届いた。場所は卒業した中学の体育館。名古屋市の東にある名東区。昼間に紅白戦を行って夜は飲み会を行うというもの。先輩後輩の学年も合わせての開催だそうだ。関東からも数名参加するという。行きたいところだがなぁ。

b0040332_17144143.jpg先生の連絡先を教えてほしいと連絡があったので返信したが、懐かしい先生もお呼びしての開催になるようだ。皆さん実にパワフル。

私は卒業以来バスケとは縁がなくなってしまったが、会社でも集まって時折バスケをやっている人がいるくらいやりやすいスポーツかもしれない。

50前にしてバスケもなかなか大変そう。下の娘が中学に入ってバスケ部に所属している。毎日帰ってきたらバタンキューで夕食も食べずに寝ていることがあるようだし。参加意思表明期限は迫っているが今回は厳しいかなぁ。

  by oku3jp | 2010-09-23 17:25 | brake | Comments(0)

クラウド四方山話(6)

クラウドのお話、今回はおまけかな。今多くのSaaS型クラウドサービスが登場しているが、本当の意味でのクラウドサービスにはなりきっていないともいえる。環境や設備、物理的形式はクラウドでも課金がまだこれまでのASPサービスと変わりない感じだからだ。

b0040332_21272132.jpg先日伺った先でわかりやすい例えを教えていただいた。インストールベースとASPサービスとクラウドサービスの違いをわかりやすく例えていただいた。

購入した車がインストールベース。リース車がASPサービス。乗っていないときも費用を払っているからだ。そしてレンタカーがクラウドサービス。

使った分だけ払うというのが本来のクラウドサービス。そういう意味では固定で月額いくらで払うサービスはバックボーンがクラウドであってサービスはASPなのかも。あくまでも厳密に言えばだが。

  by oku3jp | 2010-09-22 21:31 | business | Comments(0)

クラウド四方山話(5)

クラウドサービスの販促は顧客開拓もあるが、いかんせん単価が安いので、最初から大量のクライアント数で使ってもらえる商談以外に多額の費用はかけられない。まずはひとつの部署から使ってみて。となると10ユーザとかの導入がスタートとなることが多いのではないか。

b0040332_1848995.jpg1ユーザ月額209円とかで10ユーザでも2,090円。このうちの収益となると代理店が40%もらっても800円ほど。導入に際する販促は難しい。

クラウドはどうなってもらえば提供者が収益につながるのか。それはお試しやまずは使ってみることで導入してから、企業内利用者を増やすこと。そして良さを理解してもらいずっと使い続けてもらうこと。

となると販促活動はおのずと絞られてくる。導入企業へのラーニングと、利用促進につながるサポートだ。気がついて動き始めている企業も出てきているらしい。業界MAPが塗り換わるかもしれない。

  by oku3jp | 2010-09-21 18:48 | business | Comments(0)

クラウド四方山話(4)

クラウドサービスの代理店事業はSIが無い分、SEがいない企業にも出来るのではないだろうか、と素人的には考えてしまう。これまでは企業がシステムを導入する場合、インプリメンテーションが必要で、顧客の要望に沿ってカスタマイズや定義設定を行っていく必要があるがそれが必要ない。

b0040332_1693270.jpg逆にSIで利益を出してきた既存のSIerとしての代理店はどうだろうか?急激に単価の安くなったサービスに対応できるのだろうか?

収益の構造はインプリによるスポット構造から、導入してもらった企業の数多くの人に、長く使ってもらうストックビジネスによって長期的視点で見る構造に変わるのだ。

売ることより企業あたりのユーザ数を増やし、長く使ってもらう施策。そして利用料が増えインストールベースに戻る際のSI受注。何よりもこれまで提供していない領域でプラスの受注。発想の転換が出来ないところは生き残りが難しいかも。

  by oku3jp | 2010-09-20 16:09 | business | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE