<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

究極のグルメ会

昨日は夏の暑気払い同窓会を開催。早くから案内をしていたのだが、月末で働き盛りの同級生は次々キャンセル。これまでで最少人数での開催となったが、全員で話ができる人数だったのでずいぶん盛り上がった同窓会になった。お店は「グルメしばり」でプレッシャーだが同窓会初の西洋料理のお店で。

b0040332_22173625.jpg料理は魚介サラダに、鯛のカルパッチョやらタコのマリネ、そしてここからがすごい。フォアグラのテリーヌにアイスバイン、子羊のステーキ、そしてウニとトマトの冷製パスタ。

料理がひとり1万3千円くらいなら大満足という同期の査定評価を大きく裏切って、エビスビール生を約3杯と白、赤ともにいいワインを飲んでひとり6600円!!

話題は脅威の記憶力同窓エピソード辞典のS氏の「あの時」話で大爆笑。食べるしゃべる最高の同窓会となった。次回は大久保の韓国料理で、その次は再びここ、コア田町で!予定は決まった。

  by oku3jp | 2008-07-31 22:24 | brake | Comments(0)

7月度誕生会

今日は7月度の誕生会が間もなく催される。毎月最終水曜日に開催される社員の誕生会。7月度は5名の方が誕生月になる。毎回面白い企画を新人のメンバーで考え、また誕生日料理もなかなか個性があって面白いものが登場する。今月の誕生料理は、なんと!というほどではないが「ガーリックピザ」だった。

b0040332_18441892.jpgいつも大きな用紙に誕生カードを皆で作って渡すのだが、私も毎年頂いたカード!?を大事に置いてあり、昨年のはデスクの横の柱に貼っている。

皆さんの寄せ書きがあっていい思い出になる。誕生会、社員が何人になっても行いたい行事だ。ちなみに私は来月。

イノベーションで私自身の誕生会は7回目になる。最初の誕生会をしてもらった時は5人だったので、毎月なんてなくて、忘れそうになる行事だった。今は毎月にぎやかに!楽しい行事だ。

  by oku3jp | 2008-07-30 18:44 | business | Comments(2)

募集!

今日から募集広告が掲載されている。メイン募集はコールスタッフさんで東京コールセンターと福岡コールセンターのダブル募集。他に経理スタッフとデータベースマーケティングスタッフも募集している。今回ご案内しているのは職種の詳細もあるが、メインは会社そのものの、雰囲気や人物を紹介。

b0040332_2293556.jpg雰囲気を知ってもらうベースとした訴求になっている。ここ半年ほどは新卒採用に集中していたので中途採用活動は久しぶりかもしれない。

職種を絞って募集するスタイルは昨年度からなのだが、基本的に専門職でずっとその職種というわけではないので、広く当社で働いていただける方をと考えている。

そんなことから今回は会社の雰囲気や風土、働いている人々にスポットをよりあてて訴求してみた。早速応募を頂いている。新しい仲間が増えるかもしれない、とても楽しみだ。

  by oku3jp | 2008-07-29 22:14 | business | Comments(0)

うなるサーバー

サーバーの音がすごい。ベンダーさんにパッチを当ててもらい少しは音が静かになったが、それでもかなりの音だ。ファンの音がその原因だが、なにやら昔懐かしい汎用機の電算室にいるような爆音。発熱量も高いので温度と騒音がひどい状態にある。

b0040332_2217254.jpg特に休日はオフィスの空調も止まるので温度が上がり、ファンの稼動がいっそう激しくなって唸っている。これは環境としてはマシンにも人にも良くない。

マシン室を移転させることにしたのだが、①夏の休日や冬場が暖房になることを考えるとオフィス空調ではなく専用空調が必要。②専用空調にすることと音を遮断する上で完全に仕切って密室にする。

そんな条件で移設先を検討。オフィスレイアウトの関係もあってなかなか難しい。ただ空調工事の関係もあって一箇所ベストな場所があった。さて、どうしますかな。

  by oku3jp | 2008-07-28 22:17 | business | Comments(2)

家族で居酒屋

先週のことになるが、漢字検定全員合格のお祝いで家族で居酒屋に。我孫子の居酒屋さんはファミレス化しており、家族連れが多い。中には子供のおもちゃをくれるお店もあるくらいだ。居酒屋さんの食べ物メニューは子供たちが好きなものも多い。

b0040332_1251388.jpgにしても我が家は皆私を筆頭によく食べる。子供たちは育ち盛りということもあるが本当によく食べる。オーダーが途切れることなく続く。

以前義父と家族で焼肉屋さんに行ったことがあるが、その際にもどんどんオーダー、どうみてもデザートだろういうタイミングでまだ大盛りセットなんていうのをオーダー、お店の方があきれるほどよく食べる。

会社のメンバーで行って散々飲むより支払いが多い。まぁいずれにせよ、今回の趣旨全員合格のお祝いでのみに行くのは楽しい。以前は仲間数家族でよく行ったものだが、子供たちが大きくなってきて、それがなくなってきたのはさびしいが。

  by oku3jp | 2008-07-27 12:51 | brake | Comments(0)

責任問題に発展

我が家で大きな責任問題にまで発展している事態がある。それは「誰がこの猫飼うことを決めたんだ!」である。裏庭で鳴いていた赤ちゃん猫をココと名付けて飼うことを決めたことなのだが、なぜそんな騒ぎになったかというと、このココがとても悪いヤツで、躾が利かないからなのである。本当に困る。

b0040332_13232926.jpgまず、壁紙という壁紙で爪とぎし、家中の角という角がボロボロ。情けないくらい貧乏くさい状態になってしまったこと。

そして最大の問題は布があるとおしっこをする尻癖。座布団、クッション、かばん、布団。気がつくとおしっこがしてあるという悲惨な毎日。

何度しかってもなかなか治らない。朝出掛けにそんな話を妻としていて、困ったもんだね、と出掛けようと上着に袖を通したら…、濡れている。やられた!責任問題だ!

  by oku3jp | 2008-07-26 13:29 | brake | Comments(2)

業務改革ミーティング

昨日は企画室としては初めて、皆で午後いっぱい社外の会議室にこもって、業務の整理をしながら今年度最重要テーマを再共有した。こうして整理してみるとずいぶんたくさんのすべき業務があり、その背景も明確になったのでとても有意義な時間となった。以前オフィスのあった宮益坂にある渋谷区の施設ので。

b0040332_18531396.jpg宿題を基に皆で議論整備、やはり一人で宿題をやっているより広い視野でいろいろ出てくる。

夜終了してからはキックオフ懇親会でそれこそ以前いたビルの地下2階の馴染みと言えるお店、家庭風中華料理「山之内」へ。ここの中華はとてもさっぱりしていておいしいのだ。

代表にもお越しいただいておそらく初の企画室での飲み会となった。管理部門の在り方、会社の中での見え方などお酒が入ってもなお熱く。おいしい料理と充実した議論で楽しい会でした。

  by oku3jp | 2008-07-25 19:03 | business | Comments(2)

読書の場所

読書の話が続くが、先般の3連休、家族は私を除いてみなとても忙しい。初日の19日は会社のBBQがあって私も予定がありというところだが、あとは私だけが予定無し。塾やら部活やらピアノ検定やらなにやら家族はばたばたに忙しい3連休だったようだ。19日は町内会のお祭りもあって夜も盛り上がっていたようだが。

b0040332_2326620.jpg毎年私はその町内会のお祭りの子供みこしの先導役を本人の知らぬ間に指名されているのだが、今年は会社のBBQということで辞退。町内会ではだいぶ困ったという話を聞いたが、ご勘弁を。

あまりにも予定がない私は日曜日実は出社した。予定していた書類の整理がまったく手付かずだったからだ。往復の3時間が勿体無くまず休日出勤はしないのだが、この時間を読書に充てることを考えたとたんとても有意義に。

我が家はまずエアコンを入れない家なので、空調が効いていて座って長時間、他にすることも無しの環境は読書にはもってこい。往復で本一冊じっくり読めた。日頃もそうすればよいのだが、平日は往復の時間を別のことで、たまに帰りに読書。しかし、仕事で疲れていてまた読書がしんどいこともある。

  by oku3jp | 2008-07-24 23:24 | brake | Comments(0)

珠玉の日本語

日本語の乱れはあちらこちらで問題だと提言されている。「問題な日本語」というなかなか面白い本も出ているし。当社でも恥ずかしくない会社として、まずはビジネスマナーの基礎である敬語や応対を研修として実施しているが、なかなか難しい。個人的にはせめてもと漢字検定を受けているくらいしかないが…。

b0040332_20211573.jpgそんなレベルではないことで、日本語を考えさせられた本が、珠玉の日本語「辞世の句」という本だ。死ぬ間際に残す言葉、世を辞する句なのだから人生の思いが詰まっている。

豊臣秀吉の「露と落ち露と消へにし我が身かな浪速のことも夢のまた夢」が有名で、私も「消へ」を「消え」と書いた間違いくらいで覚えている句だが、本掲載の句はどれも本当に珠玉。

読んで涙が出るのは20歳そこらで特攻に出て行った若者の辞世。わずか20歳ほどで死に向かい、それも国家、軍に否応無しに死なされるなかで読まれた句。齢まもなく45なのに私には読めそうにもない美しい辞世。日本語ってすごい。

  by oku3jp | 2008-07-23 20:21 | brake | Comments(0)

能力と事業把握力

昨日に続き失敗学の本からなのだが、能力というものは年と共に低下する一方だそうである。新しいことを吸収(チャレンジ)する能力は25歳のときの45歳で16分の1、60歳だと128分の1だそうだ。能力主義で行くと若手のほうが優秀ということになる。ところが企業はもうひとつの力がとても重要だというのだ。

b0040332_20375799.jpg組織を動かすマネジメント力(事業把握力ということらしい)は5歳増すごとに5倍になっていくそうだ。60歳では25歳の78,125倍にもなるそうだ。すなわち25歳では掌握できる事業が1億、60歳だと7兆8千億までは掌握できる能力となるそうだ。

業務遂行力とマネジメント力のバランスが交わるポイントが39歳くらいらしい。なので新しい仕事につくことになる転職は38歳が限界と科学されている。

年齢によって企業が期待し、また生かさなければならない能力がなんだかすっきりと分解されている気がする。失敗学との結びつきは課題設定と思考回路、失敗を生かす資質などからこんな分析がされている。なかなか面白い。

  by oku3jp | 2008-07-22 20:38 | business | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE