稲光激写

撮った時はきれいな稲妻が目に入ったけど、写真観たら真っ白。ま、こんなもんだな。今日2度目の雨雲と稲光は、一度目はすぐに明るくなって、陽が射すも、2度目はかなりの稲光に大粒の雨。一度目が過ぎて、あ、もう大丈夫だと洗車始めたもんだから、大急ぎで拭いて車庫へ。

b0040332_18304462.jpg玄関軒先から稲妻を撮っていてキャプチャーした画像がこれ。結構はっきりと稲妻が見えたものの、真っ白。

人生で二度ほどこうして稲妻を眺めていたら、目の前に落ちたことがある。しばらく何も見えない。

一度は小学校の頃で名古屋の丘の上のマンションのベランダから。目の前に落ちてしばらくすると家の焦げる臭いと煙。翌日観に行ったら、岡下の家の屋根が大きく丸く穴が開いて焼けていた。2度目は20年ほど前。今の家で、夜中に目の前で。これは怖かった。カーテンが稲妻の風圧で上まで上がったもの。結構怖い。

  by oku3jp | 2017-04-29 18:34 | brake | Comments(0)

<< スポーツと文化活動と 年間の10分の1仕事が停滞? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE