昨日の初日の入り

元旦はおおよそ大晦日の夜更かしで朝寝坊。昼前くらいにごそごそ起きてきて、いくつにも分かれた第〇部まで新聞と年賀状を見て、お屠蘇に始まりおせち料理、雑煮お代わりしまくりで幕を開けるので、初日の出にはトンと縁がない。その分毎年初日の入りを拝んでいる。

b0040332_20234738.jpgだいたいこの画像のように、初詣の帰りがちょうど日が沈む時間帯だからだが、昨日は高台の畑から少し早めに住宅街側へ出た。

丘の稜線になている道なのだが、崖の雑木林が刈られていて、我孫子市の駅北側が一望できる場所がある。

そこの夕日の沈んだ赤く燃える光景に、遠く富士山が見えているではないか。もちろん茨城県竜ケ崎から6号に降りてくる道からも見えるし、千葉と茨城を結ぶ新大利根橋上からもよく見える。もっと北側の今度開通する圏央道インターができるあたりの国道294号からも見えるのだが、この場所から見えるとは初。初日の入りは富士山付きで。

  by oku3jp | 2017-01-02 20:29 | brake | Comments(0)

<< 昔の行事と評されて 謹賀新年(写真は使いまわしでは... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE