室外機カバーリプレース

自宅警備員は警備しているようで、ただいるだけでか。午前中は陽が当たらなくなっている冬の出窓なので仕方がないかも。今日はその下の置物のネコではなく、その下の室外機カバーのお話。玄関へ続く門扉入った出窓の下がいきなり室外機というのもなんだが、ここしか置く場所が無いので。

b0040332_20344337.jpg個々のカバー、以前はもっと赤茶色のカバーだったのだが、流石に年数が経ち、雨で木材が腐ってきて、ボロボロになってきていた。

これは流石にみっともないなと、新しく購入して(ホームセンターなどお店で見たが無くて、amazonで購入)組み立て。

2台とも交換して設置しもこっちはばっちりなのだが、もう1台は室外機がやたら幅広で、入らず。大きいサイズのものがネット上にも無くて、またもや(前のも入らなかった)横の網目を鋸でカットして被せた。それでも傾いて依然と同じくちょっと不細工。今度の方が若干広めだったんだけどなあ。でもまぁボロボロになってきていたので気持ちはよい。

  by oku3jp | 2016-11-28 20:39 | brake | Comments(0)

<< まだ違和感がある私 全員が納得!感動のビジネス動画... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE