自宅警備員勤務中

昨夜帰宅したところ自宅警備員1号が警備の任についていた。かなりキリリだ。昨年には階段の上り下りもできなくなっていた時期があったが、回復して今は昔のように動き回っている。それでも、これまでは絶対にしなかったお布団へのおしっこなどもしてしまい、流石におばあぁちゃんに。

b0040332_200179.jpgこちらがお~い、ただいま~っとモモに愛嬌振り巻いても、わざと視線を外し、あんたなんか見てないわよって顔をする。

後ろの景色見てんだから邪魔、早くどいてよみたいな感じで首をずらして私の後ろを見るような行動をとる。

抱っこされるのが嫌で、結構面倒くさいやつだが、扉はジャンプして押し開けはもちろん、引き開けも上手にこなす。冬はリビングのドアはもちろん閉めるが、閉めてあると和座長もないのに開けて出ていき、すぐ戻る。難点は閉めてくれないこと。開けっ放しですーすー寒い。網戸を開けるのも得意。あけて自分は出ず、もう一匹のおバカちゃんを追い出す。悪いやっちゃ。

  by oku3jp | 2016-10-21 20:06 | brake | Comments(0)

<< 病院検査は見送り、お花見に これだけ長年、しかもユーザー数... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE