ハイバードライブスイッチの謎、ついに解明か

会社に出社する際、自宅最寄り駅常磐線我孫子駅から乗車するのだけど、千代田線直通の常磐線各駅停車は、基本我孫子駅が始発なので、100%座って通勤できる。しかも、ほぼほぼ、仕切横に座れるので、仕切版にもたれて、気持ちよく眠ることができる。らくちんな幸せ通勤。

b0040332_2222871.jpg出社時は大手町駅で降りているので、乗車位置は最後尾。帰りは新御茶ノ水から乗車。朝は先頭車両が女性専用なので。

朝、新御茶ノ水で最後尾は大量に人が降りる。その気配で目が覚めるのだが、あとひと駅、新御茶ノ水と大手町の間にワープの入口、ハイパードライブスイッチがあるようなのだ。

次だ、と起きているのに、ワープして次の二重橋やその次の日比谷に居ることがままある。このスイッチの謎が解けた気がするのだ。新御茶ノ水でドバーッと人が降りる、その気配で目が覚めるのだが、同時にそれまでギュウギュウで暑かったのが、さーっと空いて空気環境含めてよくなる。とても快適な車内に。これがいわゆるスイッチではないかと思うのだが。

  by oku3jp | 2016-10-14 22:29 | brake | Comments(0)

<< 秋晴れの日に会社にお篭り 30年生の集い >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE