接触不良が直せない

見てくれは良いんだけど、音がいまいちなギター君。昨年の151αのライブで使った、YAMAHAのフロイトローズ、24フレットギター。フレットマークもおしゃれで、20フレットから5フレットの高音弦(1~3弦)はハーフスキャロッブになっている。部品も金ピカだし、紫の色と虎目も綺麗。

b0040332_1923638.jpgしかしながら、ピックアップが良くないのか、あまりいい音がしない。フロントのハムバッキングがいまいちな感じがする。

そんなguitarだが中古で購入した時点から、ボリュームとトーンのが接触不良で、効かないし音も出ない。

レストア兼ねて、修理したのだけど、またまた音が出ない。ボリュームつまみをグッと押したり、ひねったりすると音が出るが、当然弾いているとまた接触不良で音が出なくなる。裏を開けてみるが、線が触れまくって接触不良というかショートしているというか、音が出なくなる。素人修理は諦めた。機会があれば修理に出そうかな。せっかくだし。見た目重視(汗

  by oku3jp | 2016-08-15 19:26 | brake | Comments(0)

<< 蓄電池な話 視界に入りきらない迫力 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE