視界に入りきらない迫力

昨日は久しぶりに取手の花火見物。取手主催を反対側の我孫子側の土手で見るわけだが、ものすごい人出で、土手の上では数軒の屋台も出店。警備のおまわりさんも大勢出ていて、相当な混雑だったが、手賀沼や隅田川と違い、何もない草っパラの土手なので沢山の人が見物できる。

b0040332_18154597.jpg取手主催側では升席も用意されているが、反対の我孫子側は取手よりは花火より離れているので、かなりの広範囲がベストポジション。

寝転がっても視界に入りきらない迫力の花火を、音と同時に楽しめるので、ここの花火は最高。

真っ正面の良い場所を確保頂いているので、なお良くて、ビールにおつまみをつまみながら迫力の花火見物は至福です。花火見物はこうでなくちゃという見本のような花火見物でした。手賀沼公園で目の前で見たこともありますが、やはり土手の斜面で見ていますので遮るものはないし、人の頭も邪魔にならず最高です!杉浦さんに感謝!

  by oku3jp | 2016-08-14 18:20 | brake | Comments(0)

<< 接触不良が直せない 取手の花火大会を我孫子側から >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE