面影が無さすぎる100年以上前

今図書館で借りている本の中に、明治時代の東京のそこここの写真が載っている本がある。昭和の街並みの写真は、まだ面影がいっぱいあるものが多いが、ここまで古いと面影が無さすぎて、どこだかサッパリ判らない。この写真はたまたま右下に「神田橋」とあるから、そうなんだろうとは思うが。

b0040332_20394988.jpgにしても神田橋と判ったところで、この写真はどっちを向いているのかもわからない。神田方面か?大手町方面か?

毎朝大手町駅からこの橋を渡って、会社に来ているのですが、面影が無いとかの騒ぎじゃないくらい違います。

そもそもこの橋は関東大震災で焼け落ち、この写真と今の橋は全く異なるものではありますが、今は上を首都高が走っていますし、路面電車は当然ないわけですし。私が思うにこれは、大手町一丁目側から神田方面を撮影したものではないかと考える次第です。大手町なら少しはビルくらいあったでしょうし。違うかな?何方か判られます?

  by oku3jp | 2016-08-08 20:44 | brake | Comments(0)

<< 採用で会社が傾くことも 夜に咲く花 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE