わざとなのかバカなのか?PartⅡ

パソコンでお客様にメールしたり、こうしてブログ書いたり、自社サイトのページ作ったり、はたまた日常的にfacebook投稿したりしていて、ほとほと困るのが、漢字の誤変換。今も「漢字の誤変換」と打っているのに出たのは「幹事の誤変換」だった。全く文章としての意味を捉えていない。

b0040332_227112.jpgこの流れで何故あえてその漢字を出す?というのが多すぎる。どう見てもわざとだろう?と思ってしまうような酷い変換が多すぎ。

例えば、「可能な時期回答」→「可能な次期会頭」そんな馬鹿な。全く単語としてしかとらえていないのだ。

「配達証明」は「配達照明」だし、「使いまわし厳禁」は今も「使いまわし現金」と出た。Webサイトの原稿「初稿提出」も「諸侯提出」だ。当社で、私が自分のパソコンで「初稿」はしょっちゅう使っても、「諸侯」は王様じゃないんだから使わない。「社内検討」お願いします。って打ったら「車内検討」お願いします。と打たれていた。もうヤダ。

  by oku3jp | 2016-07-07 22:11 | brake | Comments(0)

<< こっちの風景も絶景 流石東京の立候補者 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE