若手と極上食事

b0040332_21432856.jpg昨日は会社の若手、20代半ばまでのメンバーと一心へ。随分前に行きたいと行っていたメンバー(行く手配が出来ていた当日に体調不良で行けず)はじめ、5名の若手社員。

行ったことがあるのは予定していたメンバーがいけなくなったときに急遽参加したカンちゃんだけ。あとは皆初めてということ。お肉のマルタケには一緒に行ったメンバーが皆を引き連れて何度か行っているそうだが。

どんな料理が出てくるか本当に楽しみで私も1月以来3カ月ぶりの一心に期待が膨らむ。おまかせ以外で行ったことが無いが、大将はとにかく私に同じ料理は出さない。それは徹底している。

今回前菜も春らしく、アン肝玉子豆腐やタケノコ、タコなどが盛り付けてあり、スタートから舌鼓。見た目も味も高級感満載。

b0040332_21481881.jpgお刺身はとても長いお皿に6人分。大きなボタンエビの下には金目のトロ刺身に、サバの刺身。たまらない美味さ。

次は大きな大きなサザエがアツアツで。ウニまでのって、しかも苦いしっぽの部分はなく、出汁が猛烈にうまい。この出汁だけでお酒が進むというくらいの絶品。

揚げ物は海老なのだが、海老をそのままに近い団子にしたあるのかサクサクしながらもぷりぷりで、出汁も最高!そして鍋はそれこそ出汁がすごくおいしくて、具は金目鯛。ごぼうのさいころ切りがピリッとうまく、たまらない美味さ。

最後においしい蕪のなまとその鍋を元にしたリゾット。なんとバターとカニみそが加わって絶妙。おなかいっぱいなのにいくらでも入る美味さ。若手と一緒においしい料理を堪能した夜でした。

  by oku3jp | 2009-05-01 22:26 | brake | Comments(0)

<< 教育訓練 翌日現象 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE